豆腐とコンソメ

豆腐とコンソメ

幸せと、主にラズパイとpythonについて書きます。

ラズパイZeroでWringPiが使えるまでメモ

ラズパイZeroで無事ssh接続ができたので、pythonの設定を行っていきます。

tohutokonsome.hatenablog.com

ラズパイ3を購入したときに、同じことをやっているはずなんですが、全く記録に残してなかったので、新たな気持ちでメモをします。

とりあえずOSのパッケージ関連を最新化

こちらを参考にさせていただきました。
[Ubuntu] apt-get まとめ - Qiita
Raspberry PiでのPython 3.5環境構築 | MUDAなことをしよう。

sudo apt-get update

パッケージの「リスト」を最新化するコマンド。
最新のパッケージを落としてくるわけではなく、リストが新しくなる。

sudo apt-get upgrade -y

最新のパッケージをインストールする。

sudo apt-get dist-upgrade

upgradeは追加で更新が必要になったパッケージがあれば、更新を止めるのに対して、こちらはそのへんもがんがん更新してくれるっぽい。
今回は、upgradeとdist-upgrade両方やっているのだけれども、こっちだけでよかったりするのかしら。

Pythonの環境構築

OS周りのアップデートが終わったら、こっち。

pythonのバージョン確認

現在、インストールされているpythonのバージョンを確認する。

デフォルトで2.7.9がインストールされている。

pi@raspberrypi:~ $ python -V
Python 2.7.9

pytnon3もデフォルトでインストールされているという内容をみた気がするのだけでども 「Raspbian Jessie Lite」にはないのかも。

pi@raspberrypi:~ $ pytnon3 -V
-bash: pytnon3: command not found

pyenvを入手する

python3.5.1をインストールするのに最も手軽そうなのでpyenvを入手する。
pyenvはpythonのバージョンをインストールしたり、簡単に切り替えたりできる模様。
pyenvのプラグインっぽいものでvirtualenvというものもあって、こちらは同一バージョンのpython間でも切り替えができるというもの。
同一バージョンのpython3.5.1に対して、こっちは、このパッケージをいれて、こっちには入れないみたいな使い分けをするときに便利なのかな。
今回はとりあえずpyenvのみ導入。

gitをインストール

pyenvをインストールする前にpyenvのリソースがgithubにあるので、gitをインストール

pi@raspberrypi:~ $ sudo apt-get install git

pyenvのインストール

githubからpyenvリソースを取得してホームディレクトリに置きます。

pi@raspberrypi:~ $ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

pyenv用の環境変数の設定をします。

pi@raspberrypi:~ $ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
pi@raspberrypi:~ $ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
pi@raspberrypi:~ $ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile

環境変数を反映させます。

pi@raspberrypi:~ $ source .profile

python3.5.1をインストール(1時間ぐらいかかるかも)

と、ここまできたらpyenvを使って目的のバージョンをインストールします。

pi@raspberrypi:~ $ pyenv install 3.5.1

インストールが終わったらバージョンが追加されているかを、pyenvのコマンドで確認。
以下のように追加されてればOK。

pi@raspberrypi:~ $ pyenv versions
* system (set by /home/pi/.pyenv/version)
  3.5.1

使用するバージョンを3.5.1にする。

pi@raspberrypi:~ $ pyenv global 3.5.1
pi@raspberrypi:~ $ pyenv versions
  system
* 3.5.1 (set by /home/pi/.pyenv/version)

WringPiをインストール

PythonでラズパイのGPIOを制御するためのモジュール。
pipはpythonのパッケージ管理システム。これを使ってwringpi2をインストール

pi@raspberrypi:~ $sudo pip install wiringpi2


(2017/5/1 追記) sudoはいらない。微妙にはまった。

pi@raspberrypi:~ $pip install wiringpi2



終わったら、wringpiがインストールされたかをpipのコマンドで確認する。
wringpiとwringpi2があればOK。

pi@raspberrypi:~/myproduct $ pip freeze
wiringpi==2.32.1
wiringpi2==2.32.3

FTPの設定も行っておく

以下を参考にしました。
yamaryu0508.hatenablog.com

以上。