豆腐とコンソメ

豆腐とコンソメ

幸せと、主にラズパイとpythonについて書きます。

おっさんになった

休日の夕方から、こんにちは。
安いビールを飲みながら、日記を書いているよ。

おっさんになった

まだ、高校生のころ、村上春樹の「国境の南、太陽の西」、「羊をめぐる冒険」を読んだ。
何が刺さったのかわからないんだけれど、面白いと思った。 僕も大人になったら、女性やお金に困ることはないんだけれども、不思議な悩みを抱えながら、文化的雪かきをする人間になるのかなぁ、なんて思っていたし、憧れていたような気もする。

友人は村上春樹が、あの顔であの内容を書いてると思うとダメだわって言ってたけれども、その読書である私もあの顔のカテゴリーに入るわけで、顔は関係ないじゃないか!と言いたいところです。

でも、実際のところ、あの顔の僕の現実は、仕事はストレスフル、辞めたらお金がなくなって暮らしてけない、アイドルにの握手会で一喜一憂、みたいな日々を送っているわけなんですよ。
唯一、当てはまるとすれば、クソみたいな仕事がある種雪かきみたいなもんというところだけ。
同じ雪かきならピンちゃんと性的雪かきをしたいです。

さて、そんな歳のとりかたになってしまったのだけれども、他にも変化したところを上げていきたいと思う。

会社生活での変化

会社の人とは、あんまり関わりたくないって思っていた。 飲み会とかも行きたくないし、自分は自分の好きなことをするぜって思ってた。

でも、仕事をする上で気にすることはほんとに人のことばっかりで、会議の内容以上に、メンバーがやりやすいのかとか、そんなことばっかり気にするようになった。 だから、ちょっとした時間で雑談するとか、声をかけるとか、飲み会にいくとか、そういったこともするようになった。

こういうのって、なんというかスタイリッシュじゃなくって泥臭い部分な気もしてたけれども、最近は必要だと思うようになった。 これがやりたいことかっていうのはまた別の話。

趣味の変化

旅行を楽しめるようになった。
旅行先に欲しいものなんてないし、遠出までしてしたいことなんてあんまりなかった。
カジノがあったり、タイのゴーゴーバーみたいなうひょーみたいな場所があれば行く気がまだしてた。

でも最近は、旅行先の料理だったり、ビール飲んでまったりするだけで楽しめるようになった。

こうやって書いてると、ストレスフルで飲む機会が多くなって、ビールが好きになって、旅行先でもよく飲むようになって、アルコールが回って、感受性が豊かになって、その土地の風景を楽しめているだけ、という因果関係に気づくけれども、それもでもいいと思う。

体臭が気になるようになった

こちらは深刻な問題。
無臭で快便だったわたくしですが、最近足が臭くなってきた。
また、便秘気味でお腹がいつもすっきりしない。
全部ストレスのせいだと思っている。

終わりに

いまから新婚旅行に行ってくる。
行き先はドイツ。だから村上春樹のことを思い出したのだろうと思う。