読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐とコンソメ

幸せについて考えていきます

パートナー会社に見限られた

幸せについて プログラム

ただの日記

2年間ほど付き合いのあるパートナー会社の方達が、離任したいと言っている、と人伝てに聞いた。

大規模プロジェクトのサブシステムのリーダーとして任命された私と共にプロジェクトに参画し、
一向に要件定義が進まない、私自身もポンコツでろくに指示をだせない、
そんな中で腐らず、にやるべきことを探し、プロパー社員、パートナー会社という枠を超え
いろいろなアドバイスをしていただいてきた方達だ。

私が仕事をやめようと思うと言った時も、辞めるリーダーに誰がついていくんですか?ときつい言葉を言われた事もあった。
その通りすぎなんだけれども、やっぱりへこんだ。でも、まだ言われるだけましかな、なんて思っていた。

そこで話は戻るのだけれども、離任するらしい。

見切られたと思った。

結構くるものがある。

反省

反省といいつつ、どうしたらよかったのかはわからない。
書いてはみたものの言い訳しかでてこなかった。

私はいままで、配下メンバーというものを強く意識する立場になったことがなかった。

パートナー会社の方とともに仕事はすることはあった。
ただ、開発規模が小さかったり、パートナー会社の方の方が自分より担当業務に精通していたり、
私の上司に指示を仰いでも、うまく回るような体制だったりして、そこまで問題になることはなかった。

今回のプロジェクトでは、新しいパートナー会社と契約を結ぶことになり、私の会社に常駐するのは初めてという状況の中
私の配下として、新しく人が入ってきた。

明日から人がくるから、と上司に言われ、この糞みたいな状況の中、何をお願いすればいいんだろうという状態だった。
さらに悪いことに、私自身も異動してきて間もないという状態で、私自身の知識も不足していた。

毎日、何かお願いすることを考えなければ、人を遊ばせないようにせねば、と憂鬱な日々が続いた。

パートナー会社の方は要件定義要員としてアサインされていたから、その工程を共に進めていったのだけれども
進めていく中で、どうしても現行システムを知る必要がでてくる。

ただ当然のように、現行システムの仕様みたいなもの存在しておらず、仕様はコードという状態であった。
しかし、パートナーの方に現行システムの調査をコードからおっかけるみたいな作業をお願いすることはできなかった。


現行システムに詳しい人材を投入できれば話は違ったのだけれども
保守案件に人をとられ、プロジェクト側に来る気配が一向になかった。

こちら側も正確な情報を出すことができない、一方でユーザー側(正確にいえば、ユーザー側のシステム担当部門)も
開発規模が大きすぎて業務要件を詰めることができない、そんな状態がずっと続いている。

このプロジェクトは絶対に失敗するだろう。
より正確いえば、既に失敗している。

さらに厳密にいえば、プロジェクトの目的も曖昧だから、成功の定義もわからない。
裏を返せば失敗の定義もわからないのだから、失敗はしないのかもしれない。

プロジェクトがどうなるかは、もはやどうでもいいのだけれども
人に見限られる、さらにいえば配下メンバーに見限られるというのは辛い。

別の機会に、パートナーの方から何度も言われた、プロジェクトの有り様を書くことをもって
反省としたい。