豆腐とコンソメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐とコンソメ

幸せと、主にラズパイとpythonについて書きます。

妄想と幸せ

10日ぶりに無事出社することができた。

 

心なしか、ではなく明らかに周りの視線は痛かったが、明日にはみんな忘れているだろう。

 

日曜の夜は不安で、ほとんど寝れなかったが、今日はきっと眠れる気がする。

 

さて、みなさんは寝る前に何を考えていますか。

人によっては、考えごとをせずにそのまま寝るという方もいるかと思いますが、私は寝る前の妄想が本当に好きです。

 

せっかくの機会なので、過去の妄想ネタを振り返ってみたいと思います。

 

定番

単発

  • わりと最近:俺がいるの八幡とゆきのん
  • わりと最近:俺がいるの八幡と由比ヶ浜
  • わりと最近:俺がいるの八幡といろはす

 

気づいたこと

  • 全部に共通して、女性が男を無理やりというシチュエーションが好き

ドラゴンボールの悟空が青年になった時の天下一武道会って本当に素敵です。

特にチチが匿名希望として、悟空と戦うシーンは、私の性癖を決めた気がします。

そこから、シャンプーが好きになるというのは順当な流れな気がします。

(らんま自体が女性から迫ってくる漫画ですし)

その後の綾波の長期政権っぷりはすごいなぁと自分でも思います。

また、碇君ってエヴァファンからはわりとボロクソにいわれている気がしますが、私は碇君好きです。

  

  • 綾波好きからアスカ好きになったあたりで、人間的に成長した気がする。

綾波とアスカどっちが好きといわれ、綾波と答えるやつは間違いなく暗い
青春を送る傾向がある気がします。

大学の時に、アスカっていいなと思えたのは私の思考がリア充へとシフトしていった証に違いありません。ちなみに、ミサトさんが好きというのが、女子受けが一番いいはずです。(推測)

  これも一緒です。ゆきのんが一番!とか言っているやつは、

  いろはす好きの便を腸内に注入されるべきです。

  

  • 全部二次元で男役は自分ではない

これは不思議でしたが、冷静に考えると自分に自信がない顕れかと思います。

好きな人物が、自分なんかといちゃいちゃして楽しいはずがないという、悲しい潜在意識が、きっと自分を登場させないのだろうと思います。

また、自分を登場させることができない以上、好きな人物のカップリング相手は自分以外になるわけですが、その際、現実世界の相手では嫉妬に狂うことが想定されます。

現実世界の女性について妄想する際に、エロゲーみたく無個性の主人公を登場させるスキルがあれば違ったかもしれませんが、そんなスキルは私にはありませんでした。結果、妄想の対象も二次元に限定されるのではないかという結論が導きだされました。

 

さて、寝る前の妄想の話でしたが、現実世界で女の子に事欠かない紳士は、寝る前に何を考えているのでしょうか。私の推測が正しければ、自分を主人公にして、妄想相手とくんずほぐれずをしているはずです。

行動が思考を変えるといいますが、その逆もあるとすれば、妄想の方向性をかえることで私も幸せになることができるかもしれません。

 

ということで、さっそく今晩からピンちゃんとチュッチュしていきたいと思います。