読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豆腐とコンソメ

幸せについて考えていきます

システム障害に寛容になりたい

プログラム

システム障害が発生した場合、それが利用ユーザーに影響を及ぼす場合、ユーザーにWebサイトなり、詫状なりでお知らせすることは一般的だと思う。

※参考までに、「システム障害 お詫び」検索したらでてきたサイト

重要なお知らせ 「キャッシングサービスの内容について」および「キャッシングサービス内容のお知らせ」記載内容不備に関するお知らせとお詫び | アプラス 新生銀行グループ

こんな簡素な文書の裏には、何名かのシステムエンジニアの屍が潜んでいるように思える。少なくとも私の会社であれば、大事になっている。
これは、私の会社の文化というよりかは、金融系という業種が特別面倒なのではないかと思っているが、話を続けたい。

ここでいう大事とは、障害復旧にかかる作業(影響範囲の特定や、障害対応策)ではない。

その後の敗戦処理である。

障害がなぜ起きたのかを事細かに役職のある方々に説明し、根本的な原因を説明し、再発防止策を考案する必要がある。

そしてなにより厄介なのが、この再発防止策である。

再発防止策は障害の根本的原因に対応する形で考えるものかと思うが、この障害の根本的原因っていうのは、根本的というだけあって根が深い。

ユーザーコントロールができなくて、変更仕様が相次いだ結果、開発期間が短くなったとか、チーム作りがうまくいかなくって効率的に開発できなかったとか、各部門の連携に問題があったとか、ことマネジメントっぽい領域に入ってくると、それに対応する再発防止策っていうのは非常に難しい。

管理者側からすれば、マネジメントに問題があるといわれるよりかは、システム開発者に責任があるといったほうがもちろん楽である。

結果的に、根本的原因を隠蔽し、それよりかすこし浅い層、例えばレアケースをあげることができなかったとし、チェックシートを作って、システム開発時には毎回それを見ようみたいな、形骸化するゴミみたいな文書が作成されることになる。

もちろん、障害が起こりやすいとある業務において、障害が発生しやすいパターンというものはたしかにあるので、一概に上記対応が無駄というわけではない。
ただできれば、そういった特殊な業務は、そもそも業務設計としてなくすべきなんじゃないかと思う。
それを常に考慮してシステムが対応していく、ということが間違っている気がする。
腐った業務からは、腐ったシステムしか生まれない。

話がそれた。

こうして、障害が発生した場合、お偉い方に説明を行い、意味のない再発防止策に頭を悩ませなければいけない。
特に我が社では、お偉い方の説明のための打ち合わせみたいなのが頻繁に行われるだけあって、かなりの時間を取られるのである。

こういったことをしていると、そもそもこの障害は誰に迷惑をかけたのだろうか、損失はどれくらいあるのだろうか、と考えてしまう。

障害によって発生する大半の事象は、顧客にとってどうでもいいことのような気がする。

極一部のユーザーからは、非難されるかもしれないが、そういった非難が起こらないようにするシステム投資と、そのユーザーを切って、浮いたお金で、もっと大多数を幸せにするシステム投資とではどちらを取るべきかなんてのは明白な気がする。
ようは、0%から90%まで対応するのは簡単だけれども、90%から100%にするのは途端に難しくなるっていう話と一緒だと思う。

これは、サービスを提供する側の視点であるが、完璧なシステムを作るのではなく、目的をある程度達成できるゆるいシステムが許容されるサービスっていいなって思う。

なので、自分がサービスを利用する際は、ある程度の不具合は穏やかな気持ちで受け入れたいと思う。

なので、ムラムラして自宅に帰った夜にDMMの月額アダルト動画になぜかログインできなくっても決してイライラはしない。

おっさんになった

幸せについて

休日の夕方から、こんにちは。
安いビールを飲みながら、日記を書いているよ。

おっさんになった

まだ、高校生のころ、村上春樹の「国境の南、太陽の西」、「羊をめぐる冒険」を読んだ。
何が刺さったのかわからないんだけれど、面白いと思った。 僕も大人になったら、女性やお金に困ることはないんだけれども、不思議な悩みを抱えながら、文化的雪かきをする人間になるのかなぁ、なんて思っていたし、憧れていたような気もする。

友人は村上春樹が、あの顔であの内容を書いてると思うとダメだわって言ってたけれども、その読書である私もあの顔のカテゴリーに入るわけで、顔は関係ないじゃないか!と言いたいところです。

でも、実際のところ、あの顔の僕の現実は、仕事はストレスフル、辞めたらお金がなくなって暮らしてけない、アイドルにの握手会で一喜一憂、みたいな日々を送っているわけなんですよ。
唯一、当てはまるとすれば、クソみたいな仕事がある種雪かきみたいなもんというところだけ。
同じ雪かきならピンちゃんと性的雪かきをしたいです。

さて、そんな歳のとりかたになってしまったのだけれども、他にも変化したところを上げていきたいと思う。

会社生活での変化

会社の人とは、あんまり関わりたくないって思っていた。 飲み会とかも行きたくないし、自分は自分の好きなことをするぜって思ってた。

でも、仕事をする上で気にすることはほんとに人のことばっかりで、会議の内容以上に、メンバーがやりやすいのかとか、そんなことばっかり気にするようになった。 だから、ちょっとした時間で雑談するとか、声をかけるとか、飲み会にいくとか、そういったこともするようになった。

こういうのって、なんというかスタイリッシュじゃなくって泥臭い部分な気もしてたけれども、最近は必要だと思うようになった。 これがやりたいことかっていうのはまた別の話。

趣味の変化

旅行を楽しめるようになった。
旅行先に欲しいものなんてないし、遠出までしてしたいことなんてあんまりなかった。
カジノがあったり、タイのゴーゴーバーみたいなうひょーみたいな場所があれば行く気がまだしてた。

でも最近は、旅行先の料理だったり、ビール飲んでまったりするだけで楽しめるようになった。

こうやって書いてると、ストレスフルで飲む機会が多くなって、ビールが好きになって、旅行先でもよく飲むようになって、アルコールが回って、感受性が豊かになって、その土地の風景を楽しめているだけ、という因果関係に気づくけれども、それもでもいいと思う。

体臭が気になるようになった

こちらは深刻な問題。
無臭で快便だったわたくしですが、最近足が臭くなってきた。
また、便秘気味でお腹がいつもすっきりしない。
全部ストレスのせいだと思っている。

終わりに

いまから新婚旅行に行ってくる。
行き先はドイツ。だから村上春樹のことを思い出したのだろうと思う。

RaspBerryPiでモーターを動かす(3):圧倒的力不足

プログラム

前回からの続き

tohutokonsome.hatenablog.com

さて前回からの続きです。

f:id:konoemario:20170306222626j:plain:w300

こいつを組み立てて行きます。
ミニ四駆を最後にこういったものを組み立てたことなかったのですが、なんとかなるだろうという思いで、やってみました。





なんとかなりました。2時間ぐらいかかったかもしれない。
ピースしてるのは、でんぱ組.incのみりんちゃんだよ!

f:id:konoemario:20170309212347j:plain:w300

ちゃんと走ります。
なんか、うまいこと曲がってるのは、みりんちゃんがキャタピラに巻き込まれているおかげかと思われます。ありがとうみりんちゃん!


楽しい工作

これだけでも、童心を思い出し、テンションがあがります。 とはいえ、モーターと電池を積んでいるだけなので、ミニ四駆となんらかわりません。
ここから、RaspBerryPiとつなげていきます。

RaspBerryPiとつなげる

キャタピラカーの完成を10分ほど楽しんだら、RaspBerryPiにつなげるため、解体作業を行います。
この辺の切り替えの早さに、大人になったぜ、という感想を持ちました。

ただ、作業といっても、前回モーターを動かすことには成功しているので、キャタピラカーのモーターを、前回仕様に変更するだけです。 

実際につなげてみると、以下になります。
車輪がちゃんと回りました。


楽しい工作(2)

RaspBerryPi用のバッテリーを買う

現在、RaspBerryPiは家庭用コンセントから電源を供給しています。
このままでは、延長コード引っ張りながら走ることになってしまいます。
なので、RaspBerryPi用にバッテリーを購入しました。

2.5Aが理想という情報を見たのですが、2.1A程度あれば問題ないみたいです。

問題発生

問題というか、冷静に考えれば当たり前のことなんですが、

f:id:konoemario:20170309212347j:plain:w300

↑に↓これらのパーツを積む必要があります。

f:id:konoemario:20170306221652j:plain:w300

パーツ達

・電池
・ブレッドボード
・RaspBerryPi
・バッテリー

つまり、みりんちゃんが座っているスペースなぞ、取っている余裕はないのです。
いろいろと試行錯誤した結果、蚊取り線香の箱に、いろいろと乗せて、キャタピラカーがそれを引っ張るという形に落ち着きました。

f:id:konoemario:20170311000933j:plain:w300

もうここまでくると、完成は目の前です。

走れキャタピラカー

youtu.be

うん、だめでした。

次回に続きます。

不安で眠れない夜は、怖い話を聴く

幸せについて

日記

この、月曜に無事出社できた、という記事は何回書けばいいんだろう、と思う今日この頃です。
日曜の夜の辛さは緩和されることはなく、日々重くのしかかるばかりです。
だからこそ、月曜に休まずに出社できた、というこのひとつだけのことでも、日記として書きたくなるわけです。

思い返せば、学生のころから明日行きたくないな、と思うことは多々あったはずなので、今この状態が目新しいことかといえば、そうでもありません。
ただ昔は、嫌なこと、それこそ学校が終われば、ひゃっほうという爽快感に溢れていました。
それが、今ではどうでしょう。21時に会社を出ようが、19時に会社を出ようが、何か心が死んでいる気がします。

今回もアドラー心理学の考え方を借りるのであれば、過去や未来の不安に囚われるあまり、現在を生きていない、にあたるのかと思います。
ただこれも、「気になること」を気にしないようにするってどうしようもなく難しいですよね。
方法論的なことをいえば、今以外のことを考えられないような状況に持って行く、それこそ目一杯走るだとか、筋トレするとかってのがそれにあたるのかと思います。

ただ学生のころは、今以外のことを考えられないような状況に意図的に持って行く必要もなく、爽快感や幸福感を感じられていたのですが、それはなんででしょうかね。
ぱっと思いつくことといえば、何か夢中になることが多くって、それのおかげで過去・未来の不安を覆い隠していたのでしょうか。
そうすると、今現在、夢中になることがないのはなんでだろうかっていう話になるのですが。

これも、仕事のストレスで、無気力になり、興味があったことにも、興味がなくなるという循環だと思っているので、ますます悪い循環に入っていっている気がします。

本題

日記部分にも書きましたが、結局のところ不安は、すでに終わった、もしくはこれから起こるかもわからない部分について、発生します。
つまり、今現在悩んで、苦しむことについてはまったくといっていいほど意味がないのです。
不安など頭の片隅に追いやって、睡眠をとるなり、楽しいことを全力で楽しむことのほうが、不安に対する最善の対応かと思います。
が、そうはいっても、不安に支配された状態から脱することは容易ではありません。

不幸を噛みしめるようなブログを読むのもありっちゃありなのですが、ここではあえて別の方法を提案します。

それは、タイトルからネタバレしてますが、Youtube等で怖い話を聴くことです。

恐怖は、今抱えている不安を上塗りしてくれます。

なんかずっと聞いていると、布団にくるまっているだけで少し幸せを感じます。

日曜の夜や、会社をさぼってしまった日の夜など、ぜひ実践してみてください。

なんの解決にもなりませんが。

RaspBerryPiでモーターを動かす(2)

プログラム

 前回からの続き

tohutokonsome.hatenablog.com

モーターを動かすにあたって、まずジャンパー線を使って、RaspBerryPiとモーターやらをつなげていく必要があります。

以下、写真の手前部分に、いくつものピンが並んでいるのですが、そこにひとつひとつ番号が振られているみたいです。

f:id:konoemario:20170306215556j:plain:w300

Pythonコードからは、各ピンについて信号を出力する、しないを指定するだけなので、コート自体は非常にシンプルなものになっています。

import time, wiringpi as pi
#wiringpi はピンを扱うためのライブラリっぽい

#モータピンの番号を指定する
motor_pin1 = 23
motor_pin2 = 24

#初期化
pi.wiringPiSetupGpio()
pi.pinMode( motor_pin1, 1 )
pi.pinMode( motor_pin2, 1 )

#動かす
while True:
    pi.digitalWrite( motor_pin1, 1 )
    pi.digitalWrite( motor_pin2, 0)
    time.sleep(1)

部品をごにょごにょするほうが時間がかかっています。

部品をつなげる際には、以下写真のようにRaspBerryPi本体と部品をハンダゴテ等で直接つなげる方法もありますが、なかなかハードルも高く、くっつけたり、外したりがしにくいみたいです。 (ラジコンが作りたい、となると最終的にはハンダゴテは避けて通れない気がしています。)

f:id:konoemario:20170306220831j:plain:w300

そこで使うのが、ブレッドボードなるものです。

以下の写真の配線はあくまでイメージですが、ブレッドボードにジャンパー線を刺すことで、各部品をつなげることができるのです。

f:id:konoemario:20170306220835j:plain:w300

肝心の配線図ですが、私は雑誌をそのまんま参考にしたのですが、このへんの知識はどうやって取得するのかがよくわかっていません。 中学生の技術の時間に、電池の直列が〜みたいな記憶がうっすらあるだけで、何もわかっていません。

が、そんな状態でも、雑誌の情報そのままで配線を組むことができました。

f:id:konoemario:20170306221652j:plain:w300

そして、奥さんにモーターを持ってもらい 、モーターを動かすPythonコードを打鍵すると、これが↓

f:id:konoemario:20170306221655j:plain:w300

回ります!

f:id:konoemario:20170306221700j:plain:w300

あのですね、ものすごく楽しいです。

新人のころにいたパートナー会社の年配の方が
「昔はパンチカードにプログラムを書いていて、そのプログラムの処理に応じて目の前のテープが動いてたんだよ(うろ覚え)」と言っていて、目の前のものが動くっていいですね!なんて会話をしたのを思い出しました。

目の前のものが動くのは素敵です。

さて、この勢いのまま、こっそり買ってた、楽しい工作シリーズのキャタピラカーと、モーターをつなげることができないかを、次回以降試行錯誤していきたいと思います。

f:id:konoemario:20170306222626j:plain:w300

もうパッケージからしてロマンですね。

次回に続きます。

tohutokonsome.hatenablog.com

RaspBerryPiでモーターを動かす(1)

プログラム

前回からの続き

前回は、RaspBerryにOS「Raspbian」をインストールしました!
最終目的は、ラジコンを作る、というところまでやりたいのだけども、段階を踏んでいきたいので、とりあえずモーターを動かすところまでやっていきます。

tohutokonsome.hatenablog.com

なにはともあれ材料を買う

先週に引き続き、2度目の秋葉原

tohutokonsome.hatenablog.com

モータを回すのに必要な部品といっても、さっぱりなのですが、以下の本を参考にしました。

本の内容から必要なものを抜粋しましたが、ミニ四駆以上のものを触ってない私には、あまりピンこない。

Amazon商品の内容はイメージです。
実際に使った部品ではないです。

とりあえず、以上のラインナップを頭の片隅にいれつつ、本に紹介されていた秋月電子通商へ行くと、そこには大量の部品と人が、、、
(圧倒されて、写真撮ることも忘れてた)

店員さんに、欲しいものをいうと、いろいろなアドバイスをくれるという情報もあったので気楽に行ったのだけど、かなりの混雑っぷりに、そんな余裕もなさそう。

これは出直したほうがいいかもしらん、と思ったところで目に付いた、「ラズパイマガジン 電子工作入門部品セット」を購入することにした。

「ラズパイマガジン」ではLEDライトをつけたり、モーターを動かしたりとする場合の必要な部品が掲載されているのだけれども、それをセットにまとめたものみたい。
また、秋月電子通商では、通販も取り扱っているみたいで、わざわざ買いにいかなくても大丈夫みたいです。

akizukidenshi.com

ということで、買ってきました。

f:id:konoemario:20170305193606j:plain:w300

買ったセットが、ラズパイマガジン2017年2月号、4月号共通のものだったので、ラズパイマガジンも新しいものを購入しました。

セットが5000円ぐらいで、ラズパイマガジンが2000円くらいです。
先入観でセットが2000円くらいと踏んでおり、かつ財布の中身も確認していないという失態が重なり、会計時にお金が足りないことに気づく、という恐ろしい出来事があったのは内緒です。
(店外をうろついていた奥さんが、たまたま戻ってきてくれて、事なきを得ました。)

開封してみると、ものっそいいろんな部品と、部品の明細が入っています。
明細には「ご購入後には、まず上記部品が揃っているかご確認ください。」との一文が書かれているんだけれども、はっきりいって、どれが何の部品なのかよくわからないので、揃っているかどうかも確認することができなかった。

f:id:konoemario:20170305195009j:plain:w300

以下のように、袋に部品名が書いてあるものはわかるのだけれども、書いてない袋の中身については、なんだろうこれ状態でした。

f:id:konoemario:20170305195436j:plain:w300

これは、あとあと思ったのですが、モーターを動かす!という具体的な目的があるのであれば、ラズパイマガジンに必要な部品の通販コードが書いてあるので、それをもとに秋月電子通商に通販で買ったほうが、お手軽だったなぁと思います。

長くなったので次回にわけます!

tohutokonsome.hatenablog.com

アドラー心理学、すべては勇気の問題。でも勇気がない。

幸せについて

日記部分

気分がずっと落ち込んでいる。
仕事中だけだから、鬱とかではないんだ。

今の仕事に対して心からやる気がでない。
それぞれにフォーカスを当てれば、チーム作りだったり開発プロセスの改善だったり、わかりやすいドキュメントの作り方だったりいろいろ学ぶべきものはたくさんある。
ただ、いまの組織に対して、努力の成果を施す気持ちにはちっともなれない。
唯一、配下のメンバー対しては申し訳ない気持ちが日々募る。

組織だけではなく自分もポンコツなのだ。

別の話題。

下請けのシステム屋は、発注側から無理難題を言われるのは日常茶飯事だと思う。
それをいかにコントロールしていくか、というところに手腕が求められ、プロジェクトマネージメント試験なんかでも、スコープを明確にするなんて謳われている。
でも、実態として受注側としては、手戻りが発生しようが、発注側のわがままを聞いてあげたほうが評価は受けられる。
一度決めたはずのルールから逸脱したものを断ると、評価は下がる。
他の会社、部署、担当者はやってくれたのに対応してくれない、と評価される。

誰かが無茶を聞くことでユーザーは横暴になるのである。
だから無理なものは無理と断ることを業界全体でしていただきたい。

でも、市場の考え方でいえば、それも止められないのかな。

本題

アドラー心理学の考え方として、自分の課題と他人の課題を分けるという考え方がある。
この考え方は、革新的なものでもなんでもない。
課題が課題として残ったときに、自分が困らないとしたら、それは自分の課題ではなく他者の課題として見る、という考え方で理解している。
こういった視点でみたとき、今担当しているプロジェクトが失敗しようが、自分が困らない。
自分の評価は下がるかもしれないけれども、会社を辞める予定の自分にとっては、その評価は意味をなさない。
まして、評価があがろうが、下がろうが、給与明細に反映される金額は微々たるものだ。
プロジェクトの成功可否については、自分の課題ではないのだ。
だから、仕事のことで夜眠れなかったり、たまの休日に気分が落ち込んだりするのは本当にもったいないことである。

なんだけれども、職務の責任としては、プロジェクトの成功確率をあげるという役割は多少ともある。
これについて、自分には関係がないこと、といえるのはもうその人の心構え、すなわち勇気の問題である。

自分が辞めた場合、少なくとも数人には迷惑がかかるであろう。
(誰も迷惑がからないとしたら嬉しい反面、存在意義として悲しい)
それを飲み込んだ上で、辞めるという選択肢を取るのは、嫌われてもよいから、自分のやりたいことをやるという第一歩である。

アドラー心理学を扱ったタイトルの書籍が「嫌われる勇気」というタイトルだったけれども、このタイトルがアドラー心理学のすべてを語っているような気がする。

でも、肝心の勇気はどうやったら出るんだろう。

人はどうしたら、壁を越えるのだろう。その手法はアドラー心理学では語られていないと思う。

嫌われる勇気をください。